コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

大阪 西成区 あいりん地区   福祉と言う名の、あいりん界隈の経済どん底ライン

西成、あいりん界隈の経済どん底ライン
2008-05-21 06:42:20 | にしなりの事
あいりん界隈を日夜歩き回って、
不動産屋や、アパート入居者募集、簡易宿泊所の張り紙広告で
福祉募集が異常に多くなんでやろなぁ~と考えてました。
昨日、某不動産屋にアパートを探す振りしていろいろ話を聞いて
ある事実が見えてきました。

あいりん界隈、西成区のあいりん寄り地域の経済は、
福祉(生活保護)という名目の公的資金で、
街の経済の最低ラインが成り立っている、
という事実です。
福祉が取れれば、家賃上限42000円と、敷金・礼金25万円が
適用されます。
不動産屋は、礼・敷25万円を大家と結託して狙っており、大家達や、
ドヤ経営者達は月々42000円を狙って福祉適格者を入居させるべく
力を注いでいるんです。
福祉適格者であれば、死ぬまで公的資金で家賃が払われるので
ヘタな入居者を入れるより取りっぱぐれ、空室無いし一度住めば、
退出もまずないので福祉(公金)に関われば安心なんですな。
鴨がネギを背負ってくるのを、待っとるんですな~。
そんでどこのアパートもドヤの料金も、ショボイ部屋で月額にすると
何でか4万円前後になるように設定されてるんです。

42000円が、この街のどん底ボーダーラインです。
この数字が、あいりん経済を支えてますんですな、多分~。笑
結局、税金やがな。

家賃込みで月、約115000円が生活保護費だそうです。
残りの7万円位が、食費、他雑費となるみたいです。
それでも足りんのが路上フリマでこづかい稼いどるみたいやね。

おっちゃんも福祉なりたいわぁ~。

f:id:nekoponx:20200412015410j:plain