コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

大阪 西成区 あいりん地区  あいりん銀行 やっと疑問が解けた

あいりん銀行、やっと疑問が解けた
2008-07-20 04:50:08 | にしなりの事
何をする銀行か気になってたんですが、以下の記事を読んで
疑問が解けました。

日雇い労働者向け「あいりん銀行」の解散を検討 大阪市
大阪・西成の日雇い労働者らの預金を受け付ける「あいりん貯蓄組合」
(通称・あいりん銀行)の解散について大阪市が検討を始めることが
5日、わかった。
預金残高はピークだった平成3年の約11億5000万円から
今年3月には約7億9000万円に減少。
利用件数も約8万4000件(3年度)から約1万9700件
(19年度)に激減している。
同様の事業を行っていた東京・山谷の貯蓄組合は「使命を終えた」
として3年前に解散しており、市は「あいりん銀行も見直しの
時期を迎えた」としている。
市によると、解散を検討する理由は、法的な不安定さと利用者の減少。
あいりん銀行は、もともと「国民貯蓄組合法」を根拠に設立されたが、
この法律は昭和38年に廃止された。
このため、金融機関としての資格はなく、現状は、預金を市立更生
相談所長名義で別の金融機関に一括で預金し形態を維持している。
この形態も平成17年4月のペイオフ解禁で全額保証されないなど
不安定な状態にある。
あいりん銀行の現在の利用者は約6500人。バブル期は1日6000件
あった日雇い仕事は現在3分の1程度しかないうえ、労働者の高齢化で、
毎日仕事ができる人も少なくなっているため、利用者は減少している。
あいりん銀行は日雇い労働者らの預金を広く受け入れるため、
身分証明のための住民票などは必要なく、窓口で名前と生年月日を申告し、
印鑑を持っていれば「口座」が作れる。
この点も「身元がわからないので、犯罪で得た資金を預けられる危険がある」
との見方もあるという。

f:id:nekoponx:20200410023057j:plain