コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

大阪 西成区 あいりん地区  元橋下市長 西成区長 “兼務”で「直轄区」の構想

橋下市長 西成区長 “兼務”で「直轄区」の構想
2012-01-14 09:29:19 | にしなりの事

やっぱり、以前おっちゃんが書いた事を橋下市長は考えてるわ、
にしなりを特別特区に指定して変えてかなあかんし、激変出切る街
やと思います。
それが結局、大阪市、大阪府、しいては日本を変えると思いますわ。
まっ、ガンバッテヤ!橋下はん。

●橋下市長は「西成を変えることが大阪を変える第一歩。
責任者は僕がやるのが筋かと思う」と言及。
西成をどう変えるかについて
「お金と人を使って、とことん政治の力を注入しないと街なんて
簡単には変わらない」と述べ、
重点的に取り組む考えを示した。

 西成区には日本最大の日雇い労働者の街・あいりん地区がある。
生活保護率は23%と24区で突出して高い。

●2012年1月18日追記。
大阪市・橋下市長は18日、生活保護率が最も高いあいりん地区を
抱える西成区の活性化に向け、税金の減免など「特区構想」があることを
明らかにした。
橋下市長は、西成区の活性化に向け、大阪府外から、あいりん地区など
一部地域へ転入する子育て世帯を対象に、所得税や固定資産税の減免、
私立の学校に通う場合の授業料助成など優遇措置を設ける特区構想の
検討を明らかにした。
また、市長直轄区として、橋下市長自身の西成区長兼務も検討したい
としている。

f:id:nekoponx:20200410160043j:plain