コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

大阪 西成区 あいりん地区 あいりんの近況2 覚せい剤は出張や宅配に 

あいりんの近況2
2012-04-10 09:12:01 | にしなりの事

かっぽう着姿で覚醒剤デリバリー!…路上密売「あいりん地区」で出張型増加
2012.4.10

 全国で“最後まで”路上密売が横行していたとされる大阪西成区のあいりん地区で、
密売人が路上を離れて“出張”するケースが急増している。
大阪府警の集中取り締まりを避けるため、近隣の浪速区や天王寺区などの客の元に出向き、
携帯電話を駆使して直接覚醒剤を届ける「デリバリー方式」への移行が進んでいるという。
府警は「注意すべき場所は西成だけではない」と警戒を強めている。

 昨年10月、大阪市浪速区の路上。キャップ帽をかぶった中年の男が駐車中の白い車に
近づき、車内の人物から小さな袋を受け取った。
中に入っているのは覚醒剤。男はそのまま自転車をこいで車から遠ざかり、
客の元へ向かった。

 男らは客に覚醒剤を配達する密売グループ。元々はあいりん地区の路上で覚醒剤を
売っていたが、「警察に見つかりやすい」として、あいりん地区に拠点を置いたまま、
近隣地域に覚醒剤を届ける販売方法に切り替えていたという。

 厚生労働省監視指導・麻薬対策課によると、路上販売による覚醒剤の密売は近年、
全国的にほとんど見られなくなっている。名古屋市ではイラン人などによる路上密売が
横行していたが、平成10年ごろの愛知県警の大規模な摘発により、密売人は姿を消し、
デリバリー方式に移行したという。

f:id:nekoponx:20200410155345j:plain