コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

大阪 西成区も見習ったら?  「生活保護通報」小野市条例案が成立へ 市民の監視が始まる

「生活保護通報」小野市条例案が成立へ 市民の監視が始まる
2013-03-26 06:31:02 | にしなり以外の事

●生活保護の使途不正を防ぐには、やっぱり考えてた通りの監視しか
無いんや、おっちゃんの意見は見張りは、他の生活保護者にやらせればいいんや、
賞金を付ければいいんや、そうすればもっと効率的に出来ると思うとる。
それかーもう一歩踏み込んで、食料現物支給の生活保護を作るべきだ。
現金を渡すからおかしくなるんや、現物だと消費するしかないからね。


「生活保護通報」小野市条例案が成立へ
生活保護費や児童扶養手当をパチンコや競輪、競馬などに浪費する
受給者についての、情報提供を市民に求める、
「市福祉給付制度適正化条例案」

生活保護や児童扶養手当を受ける人たちがパチンコやギャンブルに浪費
しているのを見つけた市民に、通報を義務づける兵庫県小野市の
市福祉給付制度適正化条例案が、25日の常任委員会で全会一致で
原案通り可決された。

27日の本会議で成立する見込みで、4月から施行となる。
蓬莱務(ほうらいつとむ)市長(66)肝いりの条例案に1700件超の
意見が寄せられたが、6割は賛成の内容だ。

「生活保護に対する無関心を改め、意識改革を図りたい」。
蓬莱市長は11日の本会議でこう述べた。
浪費だけでなく、保護が必要な人の通報も求めていることから
生活困窮者の監視ではなく、見守りの強化が目的。

f:id:nekoponx:20200410054900j:plain