コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

大阪 西成区 あいりん地区  数年前は、粗大ごみの山があちこちにあった

あいりん ゴミ問題記事
2014-12-17 03:42:35 | にしなりの事

大阪市西成区のあいりん地区でゴミの不法投棄が後を絶たない。
その量は市内の不法投棄の3分の1以上を占める。
衛生上の問題にとどまらず、その処理のために年間数億円の税金が
使われている。
警察や市は監視を強めているが、すり抜けるように捨てられるため、
いたちごっこの状態だ。

 萩之茶屋南公園(通称三角公園)周辺のあいりん地区は日本最大の
日雇い労働者の街。
市の調べでは、0.62平方キロメートルに約2万人が住んでいる。

 市環境局によると、あいりんで2013年度に市が収集した不法投棄
ゴミは1435トン。
市内全域(4160トン)の約35%を占めた。
市の不法投棄ゴミの処理費用は年間約10億円に上っており、
あいりん分だけで毎年、数億円の税金が投入されている計算だ。

 あいりんでは、簡易宿泊所、飲食店などの地元業者の一部が不法投棄を
繰り返すケースが多いという。
ゴミ処理の費用を浮かすためとみられる。

 また、家庭の一般ゴミは市が定期的に無料で回収するが、あいりんでは
曜日や昼夜を問わず、路上に捨てる人が少なくない。

 このため連日のように、あちこちの歩道や道路脇にゴミが積まれたり、
散乱したりしている。
小中学校の脇も捨て場所になっている。
テレビ、冷蔵庫、建築廃材などの粗大ゴミの他、カップ麺や弁当の容器、
生ゴミなども捨てられている。

 市は不法投棄のゴミを毎日回収しているが、翌朝にはまた大量のゴミが
たまっており、辺りに異臭が漂うこともあるという。

 不法投棄を減らそうと、市は今年度から、24時間態勢の巡回監視を
始めた。
地元住民らで作る合同会社が市の委託を受けて街を練り歩いている。
大阪府警西成署も取り締まりを強め、今年1~9月末で49人を逮捕し、
昨年1年の19人を上回った。
監視員の通報で検挙した例もあるという。

 ただ、あいりんの4~8月末の不法投棄ゴミは約650トンと、
昨年同期(約700トン)の微減にとどまる。
合同会社の松繁逸夫さん(64)は「監視や取り締まりだけで不法投棄はなく
ならない。
街をきれいにしようと、繰り返し訴えることが必要だ」と指摘する。
「捨てているのではなく、リサイクルや」
なぜ不法投棄をするのか。あいりん地区の現場を取材した。

 10月16日午後11時15分ごろ、腰が曲がった高齢の女性が畳1枚と
ゴミ袋を引きずりながら歩いてきた。
歩道上のゴミかごの脇に畳を立てかけ、ゴミ袋を放り投げた。

 「不法投棄ではないか」。
記者の問いかけに女性は「回収してもらえるんやし、何が悪いんや」と
けげんそうに話し、立ち去った。

 高く積まれたゴミの山の上に、古い運動靴を投げ捨てた男性(61)は
こう言った。
「すぐに誰かが拾って使う。捨てているのではなく、リサイクルや」

 この場所は多くのゴミが不法投棄されている。
オレンジ色の街灯があるだけで、周囲は薄暗い。市が毎日数回、ゴミを
回収しているが追いつかず、特に夕方から明け方にかけて次々と捨てられる。
この日も日付が変わる頃には、歩道に大きなゴミの山ができた。

 近くのアパートの男性(62)は生活ゴミを捨てていた。
「ゴミかごがあるし、毎日収集してくれるので、不法投棄とは思わなかった」。
簡易宿泊所の管理人だった女性は「月約3万円かかるゴミ回収費用が
もったいないから、宿泊者には路上に捨ててもらうしかなかった」と打ち明けた。

 路上のゴミかごはあいりんのあちこちにあるが、市のものではなく、
誰かが勝手に置いたとみられる。
市は不法投棄を助長するとして撤去を進めている。
市環境局は「ゴミがたまり続ける以上、毎日回収するしかない」としている。

 

f:id:nekoponx:20200410025211j:plain