コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

大阪 西成区 あいりん地区  ドヤの火災 

ドヤの火災 
2015-05-24 03:34:21 | にしなり以外の事

「最後の居場所」奪った猛火 川崎宿泊所火災から1週間

東京・山谷や大阪・西成ほどの知名度はないが、火災があった「日進町」
も同じような「ドヤ」が集まる「ドヤ街」として知られている。

9人が死亡し19人がけがをした川崎市の日進町簡易宿泊所(簡宿)の
火災から24日で1週間。

全焼した「吉田屋」と「よしの」の周りには、今も仲間の安否を気遣う住民
たちが集う。

猛火は原因究明も、死者の身元確認も難しくしている。
死者は9人。身元がわかったある男性の遺体は、家族が引き取りを拒否した。
「決して珍しいことではない」と市の担当者は言う。

30軒以上の簡宿がひしめく川崎区日進町の取材を通して浮かび上がってきたのは、
「無縁社会」へと突き進むこの国の姿だった。

建設作業員、キャバレー店長、沖縄の基地関係者、潜水士……。
職を転々とし、この街に流れ着いていた。
「行く当てなんてどこにもない」。みな異口同音に言った。

f:id:nekoponx:20200410024414j:plain