コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

大阪 西成区 あいりん地区  「中国人ガールズバー」急増

あいりん地区 「中国人ガールズバー」急増
2016-02-22 07:16:26 | にしなりの事

全国有数の日雇い労働者の街・大阪市西成区の「あいりん地区」周辺で、
若い中国人女性がカウンター越しに接客する「カラオケ居酒屋」が増えている。
3年ほど前から出店攻勢が続き、今や約100軒に上る。


★たまたま今月TVのミニ特集で2回もあいりんのカラオケ居酒屋、中国人バー
のニュースを見た。
おっちゃんもあいりんに居た時に数回通った事がある。
若い綺麗な中国人が2~3人いつも居て、カラオケや酒好き女好きにはたまらない、
しかも安い。
つまみ1品どれでも500円、ワンドリンク何でも500円って判りやすい料金。
カラオケは1曲100円、中には無料店も。

実は、そのカラオケバーにはもう一つ大きな目的があるんだわ。
ママは店に来る常連客の中から、独身で一人暮らし、生活保護でお金に困っており
口が堅い、高齢、ある程度まじめ、こんな人を客の中から見極めてある提案をする、
それは偽装結婚。

ママ以外の女の子は、ママの田舎が一緒とか何らかの利害関係がある子がほとんど、
もっと長く日本に居て働きたいから鴨の男を見つける場としてカラオケ居酒屋を
やってるんだわ。

もちろん結婚中は男性側に月々数万円のおこづかいを渡す事になる。
ビザ更新で入管に行く時は口裏を合わせるんだ。
ママもその子から稼ぎの一部を細く長く吸い取る事が出来る。
三者が皆、ウィンウィンの関係となる。

こんな舞台裏があるんですわ、あいりんは凄い所やね。

f:id:nekoponx:20200410024004j:plain