コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

バイクの冬眠  キャブレターのガス抜き、バッテリー外し、ガソリン満タン 真冬は使わないバイクを冬眠させる

2017年11月19日 · バイクの冬眠 スーパーカブ50

今朝は関東地方は今年一番の冷え込みとなった。千葉県は7度くらい。
毎年冬場はバイクに乗らない、本日冬眠させた。ガソリンは空気に触れると腐り出す、そうなると、キャブレターがいかれる、バッテリーも上がる。

1、手順は、ガソリンを満タンにし、ガスコックを午後3時の所、OFFに。

満タンにする理由はガソリンは腐るから、満タンにして酸素に触れさせない為、と、タンク内の空気に触れる所のタンク内側の錆止めも兼ねる。

2、キャブレターのドレンネジを緩め中にあるガソリンを抜く(30㏄~程度出て来る)。

一番下の写真の人差し指の所のネジを左に少し緩めると、ガスが下ホースの先から出る。止まったら、ネジを元の状態に絞めておく、きつくしなくてOK。

3、次に、バッテリーを外す。レジ袋でハンドル、マフラーを覆う。

バッテリを外さなくても、マイナス・プラグを外すだけでもOK。

4、新聞紙を広げてタンク、シート回りを紐で軽く縛る。カバーかけるか、屋根のあるバイク置き場に置き、スタンドを立てて終了。これで数ヶ月お休み、又来年。

スタンドを立てた方がいいのは、オイルやガスの偏りを防ぐ為、しないより立てた方が良い。

以前は、TL125と、CBX125F、現在はスーパーカブ50に乗っている。

f:id:nekoponx:20200409023825j:plain

f:id:nekoponx:20200409023833j:plain

 

f:id:nekoponx:20200414053605p:plain

f:id:nekoponx:20200414053616j:plain