コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

フライパンの蓋を軽い物にと、穴を開ける、変えてみる

フライパンの蓋を変えてみる
2012年02月09日 | 日常生活

以前から、底厚フライパンの、蓋を変えようと思っていた。
理由は、重いからと、蒸気穴の反対側から泡がたまに出るんで。
行き場のない蒸気が反対側で弾け出て、周辺が汚れるので。

先日、サイズピッタリのステンレス・ボールを発見し、加工してみた。
ドリルで底に穴をあけ取っ手を付け、3ミリ蒸気穴を2箇所、180℃反対側に
それぞれ開けた。
これで軽さ、丈夫さを備え、蒸気排出の片寄りが無くなる。
フライパンで長時間煮る事は無いので、蓋からの蓄熱は味にはあまり
影響ないと思っている。

★2月15日追記、使ってみて。
蓋を変えたフライパンで3回料理してみた。
結論としてエエわ、
蒸気が3ミリ穴から2箇所きちんと出るし、出方で中の温度を推測出切る。
蒸気で、蓋を持ち上げる所までは行ってない、従って、泡で周辺が汚れる事も
なさそうだ。
もうしばらく使ってみるが、以前よりは良さそうだ。

 

f:id:nekoponx:20200402065107j:plain