コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

チョリソー・ソーセージと卵で、酒のつまみ

チョリソー・ソーセージと卵で、酒のつまみ
2011年07月23日 | 日々の自炊メニュー

先週、某ブログで地元産のチーズなりハムがある事を知った。
たまに行く24時間スーパーの近くなので買い物をして来た。
買ってきたのは、手作りチーズとチョリソー・ソーセージ。
手作りチーズは定年退職者夫婦が牛3頭でやってて、検索するとうまいと
出て来る、ソーセージも同じようなもの。
確かに田舎で自然はたっぷりなんであってもおかしくはないが今までは
気が回らなかった。
チーズ100gが600円、ソーセージは200gが400円。

★酒のつまみ。
フライパンに、サラダ油少々、チョリソー・ソーセージ3本刻み、
これで中火で点火し蓋をする。
ボールに、卵2個、醤油中さじ1、水30cc入れて、溶いておく。
蒸気穴からかすかに焦げる臭い煙が出たら即、溶き卵を入れて火を止める。
そのまま蓋をして6分~蒸らして出来上がり。

酒のつまみにはピッタリで、うまかったー、
ソーセージは辛スパイス効いてうまい、卵もオムレツぽく仕上がり文句なし。
又作ろう。

●チョリソ (Chorizo) はスペイン発祥の豚肉のソーセージである。
日本ではチョリソー、チョリーゾとも発音され、挽かずに切った豚肉と
スパイスから作られる。
細かく刻んだ豚肉に塩を混ぜ、ニンニクやパプリカなどの香辛料を加えて
腸に詰め、干して作る。
一般のソーセージとの違いは、肉を挽かない点にある。
また、パプリカをたっぷり使うため、赤い色をしていることが多い。
たいていは豚肉が用いられるが、稀に牛肉・鶏肉・羊肉で作られることもある。
煮物に入れられるなど、スペイン料理を特徴づける重要な食材となっている。