コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

マイコン式炊飯器で料理、おでんパックで大根煮、と、100円パスタソースでシチュー

マイコン式炊飯器で、おでんパックで大根煮、と、100円パスタソースでシチュー
2011年02月10日 | 自炊、平均以上レシピ○

このブログ内のもう一つの記事(一部重複)
http://blog.goo.ne.jp/uu778i/c/949e4e2f983372e1c2b6d1f809bc2963
炊飯器活用で手間要らず、ガスコンロを使うより味がいいかも?
大根煮などは間違いなく炊飯器で作る方が美味しいと思う。

●マイコン式炊飯器5合釜で、おでんパックと大根煮
おでん種6種入り(420g内、固形物150g)パックを、まるまる炊飯器に入れ、
濃縮ダシ20cc+水80cc、めんつゆ少々、醤油少々、砂糖小さじ1、大根5cm、
にんじん2cm、豚ひき肉80g、ウインナー2本、追加してスイッチON。
豚ひき肉を入れたので動物系コクが出るだろう。
朝に作り、OFFにして数時間置いてあとで食べる予定。
冷める時に味が染み込むので冷めてから食べる予定、あえて再度暖めない。
内容量(水分約350cc)を考え80分~で手動でOFFにし、保温に切り替えた。

保温時間も調理時間と考えれる、60分後に手動でOFFにした。
2時間後にまだ温もりがあり、食べたが物凄くうまかったー。

勝因、80分と保温60分、2時間~以上しっかり冷ました、豚肉を少し入れた。
具を追加し薄まるので、追加のダシを入れた、砂糖を入れた。
こういった事が旨さを増したと思う。
また作ろう!


●マイコン式炊飯器を使い、レトルト100円パスタソースでシチュー
おでんパックで大根煮が旨かったので、パスタソースをベースにして洋風野菜煮
いわゆるシチューを作ってみた。
パスタソースは、ナポリタン250g(2人前、100円)。

マイコン式炊飯器に、なすび中1、玉ねぎ少々、ウインナー3本、ピーマン1、
大根2cm、にんじん2cm、水300cc、パスタソース半分(後で半分入れる)、
豚ひき肉50g、これでスイッチON(調味料は入れない、パスタソースだけ)。

タイマーをかけ「保温」に自動移行しないと思うので手動で70分後にOFF、
OFFしたら直ぐ残りのパスタソースを入れ軽く全体を混ぜて「保温」にする。
「保温」時間は60分~、その後手動でスイッチをOFFにする。
冷めると美味しくなる、を実践、但し冷め過ぎてもいけないので2時間~以内
に、ぬるい状態で食べる予定(染み込みと、猫舌の為)。

ソースの半分で煮ながら具材に味付けし、残りのソースでスープに味付けし、
味をジャストに調える予定。
レトルトソースは完成されてるので煮詰めないのが基本、と考え2分割にした。
以前パスタソース(2人前)に+水100cc~加え煮ると、少し蒸発を加味して
丁度いい按配になったんで、それを炊飯器で再現する。
調理時間は大根煮の時と同じで半日かけるつもりで、ゆっくりと作る。

待ち切れず、保温をOFFにしてから30分後にレンチンご飯と一緒に頂いた。
もう、うまかったー、
予想通リの仕上がりになり、味もパスタで食べるより良くなっていた。
今度は、牛肉を使ってみよう!この洋風スープ味・シチューは牛肉に合う。
保温時間をもう少し取れば、肉は軟らかになるハズ!


●マイコン式炊飯器5合釜で、ビーフシチュー 100円パスタソースで作る
今回はレトルト、ママーの100円ミートソース(2人前・260g)を使った。
オージー牛肉(カレー用、ピンポン玉大の肉の塊)を200g使用。
肉は、フォークか包丁の先でまんべんなく突いて、塩・胡椒しておく(重要)。

炊飯器に、にんじん6cm、大根7cm、ピーマン2、ジャガイモ中1、
ビーフ肉200g、水400cc、パスタソース半分投入、ウインナー3本、
(ソース以外調味料なし)、これでスイッチON。(具材は2人前)

具材が2回分となった為、炊飯時間は90分とし、手動でOFFにする。
(予定だったが75分後に自動で「保温」となった、たまに止まらない)
OFFにしたら直ぐに残りのパスタソースを入れ、全体をかき混ぜ「保温」に。
保温時間は肉・大根類を柔らかくする為、あえて2時間~を予定。
しっかり保温2時間~、も手動でONとOFFする。
保温を切ったら1時間~は置いておく、冷める時に味が染み込むので、
その後食べる予定。
ご飯と食べた、うまかったー、肉も予想通リに柔らかくなっていた。
絶対焼くよりは、うまいと思う。

●翌日のシチュー記。
昨日の残りシチューを3時間以上~食べる前に「保温」にした、
食べたのは5時過ぎなので2時間はたっぷり保温調理した事になる。
味は連ちゃんだったが美味しく頂けた、飽きなかったわ。
肉はやはり昨日よりは少し柔らかくなっていた。
昨日との合計保温時間は、3時間半~となる。
うまかったー、


★中古で購入したマイコン式5.5合釜、炊飯器の事★
マイコン式・5合釜のこのジャーは、炊き上がるのに通常60分かかる事が
判った。
炊飯器は、マイコン式(旧式)、IH式、IH圧力、ガス式、とあるようで、
通常定価1万円以下~の炊飯器は、マイコン式となる。

マイコン式のいいところは、強力な圧力が掛かってないので、
1--途中で蓋を開けても問題ないらしいのと、
2--炊き方が単純で、お釜の底から熱が伝わると判ってる、
ので具材を考えて置ける事、らしい。
5.5合釜にしたのは、大き目の肉が入る、他の具材を入れても吹き零れしない
余裕をもたせる為。
ご飯だけなら3合釜のIH式で炊き、おかずは5合釜で作ろうと考えている。
結論として、ご飯を炊くならIH式で、煮物等に使うならマイコン式がいいみたい。
各炊飯器により違いが出るから試行錯誤し、最適な時間や方法を見つける。
今後、もっと試してみようと考えている。

●ワンポイントアドバイス、他記事から転載●
マイコン式炊飯器で煮物を作る場合に気をつけたいことは、一般的に、
炊飯器は汁気がなくなるまで炊き続けるので、煮すぎを防ぐために、
または、汁を残して仕上げたいときは、調理の後半で、蓋を開けて中を確認
して、手でスイッチを切ってあげる必要があります。
IH式や、IH圧力式など、説明書を良く読んで、時間と分量を調整する事。