コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

各種レトルトパスタソースをタレで使う、うどん玉にも合う

各種レトルトパスタソースをタレで使う、うどん玉にも合う 
2010年04月23日 | ◎レシピ集、記録用

パスタを作ろうとすると、1-麺を茹でて捨てる、2-ソースを温める、
と、2度手間が掛かり何とかひと手間に、と考えてましたが毎度一品の
蒸しうどん系料理でタレとして十分使える事が判りました。
但し、レトルトソースは一袋に2人前~程度が多く、同じ味が2回
続く事になる。

●水分が多くソースが薄まって失敗例。★水は100㏄が最適。
昼めしは、キャベツ高い(1玉300円~)んで玉ネギ、豚細切れとで
蒸し煮します。
フライパンに玉ネギを輪切りにして敷き詰め、カリフラワー
(クズの為50円)、にんじん2cm、うどん半玉、豚細切れ100g、
コショウ、水140㏄、蓋して完了。
今回はレトルトのパスタソースを半分ほどかけてソースとして頂く予定です。

意外と旨かったわ、ちょっと水が多すぎた、100~110㏄でOKでした。
中弱火で25分、蒸らし9分、残汁20㏄ほど。

★パスタソースはほとんどは2~3人前入ってるんで半分は翌日に
使う事になる。
ほとんどは1袋100円程度で値打ちがあるのでこのレトルトパスタソースを
使いこなせればかなり料理のレパートリーが広がることになる。
今後研究に値する。

----------------------------------------------

昼めしは、昨日の残汁(パスタソースと水分が30㏄ほど)にもやし1
(水分を直ぐに出す為、袋の中でザク切りする)、ジャガイモ1、
うどん半玉、隙間に卵1、豚細切れ100gほど、これで蓋して完了。
あえて水を入れてません、もやし1袋から90㏄~ほどの水分が出るんで。
火を止めてからパスタソース(昨日の半分残り)を投入します。

いやぁーうまかった、トマトソースが効いてましたわ。
水分ももやしからだけでドンピシャでソースが薄くならず良かった。
中弱火で24分、蒸らし8分、
火を止めてからソースを入れ、かき混ぜて丁度いい具合。
ソースを温める必要なし。
今後、レトルトパスタソースはぶっかけるだけなんで積極的に使おう!

----------------------------------------------

●24日昼飯、追記。★チンご飯半分とパスタソース。
フライパンに、玉ネギ大1を刻み、サラダ油を入れて軽く炒める。
炒めなくても良かったが今回はやってみる。
火を止めピーマン3個、ジャガイモ1、水100ccを入れて蓋して
セット完了。(味付けはあえてせず)

予定としては中弱火で20分、蒸らし時にそのままチンご飯(半分でOK、
水分で膨らむ)とママーのレトルト・ナポリタンソースを入れ、蒸し余熱で暖め
頂こうと思ってます。

調理時間、中弱火で15~6分の時、チンご飯とパスタソースを投入する。
3分後に火を止めて8分蒸らし、ツナ缶をぶっ掛けて頂く。
想定内で旨かったわ、レトルト・パスタソースはご飯にも使える。

●25日 昼飯、追記。★パスタソースに味ポンかける。
フライパンに大根2cm刻み、もやし1袋(ザク切り済)、ジャガイモ1、
うどん半玉、豚バラ120g、これで蓋して完了、
水はもやしから十分出るので入れてません。
火を止めた直後にレトルトパスタソース(ナポリ味残)を投入し
蒸らし暖めします。

いやぁーうまかった、一口食べてちょっとーと思ったが、
味ポンをかけたら旨みが倍増しました。
中弱火23分、蒸らし8分、残汁ちょどなし。