コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

じすい 自炊について 1年ほど頑張ってやった中間まとめ。

自炊をゼロから初めてほぼ1年間、何とかやれました。
苦痛感はまったくなく、自分の口に入れるものなんで
旨い物を食べようとアレコレ考え工夫するのが楽しいと
思うようになりました。
もう日本の何処に住んでも、スーパーと鍋さえあれば
毎日3食、てぬきメシは作れる自信、アリマス。
鍋に具材を放り込んで20分炊き込むだけですから。
ブログも1年間、レシピと調理器具の記録が沢山出来、
失敗を減らせるんで満足ですわ。
失敗減る=美味しく食べれる回数がUP。

 

 

★自炊は生まれて40年近くした事が無~い、レトルト程度。
無職となる5年前迄は、3食全~部、外食でした。
その後時々半自炊、朝はインスタントラーメンか菓子パン、
昼、夜は外食。
3ヶ月ほどして各種即席ラーメンもパンも飽きて来る、
チンご飯と納豆、これも2~3ヶ月で飽きて、結局3食外食に戻る。
東京都内の便利な場所に住んでたから飲食店はなんぼでもあったし。

しかし2年前に過疎に近い街に引っ越し、仕方なくチンご飯と唯一ある
スーパーの惣菜やら、野菜入れた即席ラーメン、レトルトカレーを
チンご飯と食べたり、スーパーやコンビニの弁当だけとか、惣菜と
チンご飯とか、いろいろ組み合わせして食べてました。

これも段々飽きて来て、昔拾ったプロ用片手鍋で野菜や肉を適当に
煮るようになりました。
この頃、家庭用フライパンで炒め物も多く作りました。
炒め物は煙・匂いが出る、油を引かないとダメ、調理時横に居ないとダメ、
ご飯は別になる、フライパンも食後掃除が必要等、炒め料理も
たまにはいいが結構面倒だと判りました。
又、調味料も油、醤油、塩程度しかないんで塩味ベースの茹でや
炒めが続いてました。

たまたま、なべ汁の素を買って鍋に入れたら、えらい旨くなりました。
これで何か”パッ!”と来て、★鍋、★調味料、★具材を
変えるとこんなに旨いんだ、おいしくなるんだ、要は組み合わせだな、
と認識しました。
めんどくさがり屋でもご飯ぐらい炊飯器で炊くと思います。
スイッチ入れ30-40分ほったらかしだけです。
鍋でも時間は同じだし、手間は一品だけに集中すればいいんや、
それで十分栄養が取れ満足を得れるわな、と判って来ました。

よっしャー、本格的に取り組もうとH20年秋頃に決心。
但し、
★楽する、★安くする、★手抜きする、★おいしくする、
を、しっかり考え、これを徐々に実行。
どうせ一人暮らしです、審査員は自分自身ですし、失敗しても
1食3百-4百円程度ですから。

丁度季節は秋で、土鍋を使ってみたらこれが意外と調理が楽で材料を刻み
放り込むだけで美味しく出来上がり、土鍋自体が旨みを摘出してくれる
と、土鍋料理、炊き込み、に無中になりました。
作り方は、具材を刻み、いろんな鍋汁の素を土鍋に放り込む
だけ。
どうも、土鍋から具材へ熱の伝わり方、その時間、それに調味料が
旨みを出してくれるみたいです。
まる3ヶ月は毎日土鍋でおかずを煮込んでました、同時に、
おかずの後にチンご飯や卵を入れて、おじやを作ってました。

しばらくして土鍋の底が徐々に焦げ付き、いちいち取るのが面倒になり、
ネットで見かけた厚アルミ無水鍋に興味を持ちました。
これは水を使わないか、極力減らせ蒸すのが利点ですがなんせレシピが
少な過ぎで、徐々に飽きて来ました。

その後、鉄鍋にシフトし始めました。鉄鍋ならコゲても熱の伝わりに
支障はないし、うまさは土鍋と変わらないか、具材によってはそれ以上
だと判りました。
又、多少ワイルドに扱えるし雰囲気を味わえるし。
ネットで調べても鉄鍋の一つ、ダッチオーブンファンは多く、まずいと
書いてる記事は皆無で、皆おいしい、一味違う等の声が沢山ありました。
以上、大体こんな経緯で行き着いたのが鉄鍋や厚アルミ鍋での自炊で
「俺流てぬき」の基本6ヶ条が次の通りです。

1、鉄鍋類や厚アルミ鍋を「毎日使っての蒸しや煮炊き」。
2、同じ煮炊きするならご飯・麺類も一緒にし「1回食べ切り」。
3、「一品だけ」にこだわる。2品以上作るとメンドクサイ病が出て来る。
4、缶詰、乾物、レトルト、練り物等「時短加工食品は積極活用」。
5、力を入れない「調理、準備、片付に無理せん、頑張らない」。
6、調味料、調理法、器具なり、旨さUPの「日々一工夫」を考える。

普通は、いい食材が一番旨い、その代わり高い。
いい調味料は食材のうまさを引き出し包むが、その代わり高い、
食材より高い時もある。
鍋だけですわ、火加減、塩加減、時間、分量程度を間違えなければ
定番食材を放り込むだけで美味しく仕上がる。
飽きないように多少アレンジ、日々軽く創意工夫する。
食材、調味料、水と火加減、それらの組み合わせの結果、
調理器具による熱伝導の化学変化が、旨さになると思ってます。

最後に続ける事、続く事をコツコツ・シコシコする事が、てぬきじすい道
を、極めると思います、永遠に終わりの無い道ですが・・・。

 


◎持っている調理器具、
1、ガスは止めてあるんで火力は、カセットコンロだけです。
2、6月現在は、×未使用。
電気コンロ鍋は先日マンションの粗大ゴミで拾った物がありますが、
まだ使ってません、電気はつきました。
3、6月現在は、×仕舞い込んだ。
鍋は、普通のミルク沸かすようなステンレス鍋(直径18cmほど)と
4、プロ用片手アルミ鍋(13年ほど前の拾った物)直径16cm、
5、6月現在は、×仕舞い込んだ。
家庭用テフロン加工のフライパン大(千円程度)と、
6、6月現在は、×捨てた。
拾った鉄薄のフライパン小、
7、土鍋がこれも拾った2-3人用、と3-4人用の2つ、
8、電子レンジ(12年前の物、1万円だった)、
9、拾ったオーブントースター(多分10年位前の物)、
10、一人用冷蔵庫(20年前の物)
11、電気ポット(11年前の物)コーヒーの湯沸し程度。
12、ステンレス家庭包丁(千円程度)です。

お米でカップと言うのは、プリンの空カップです、大体100㏄程度です。
調味料の”少々”とは適当です、プーン小の半分~1位です。
これらは、どこの家庭にでもある調理器具と思います。

13、09年1月7日に無水鍋、20cm(小)をヤフオクで
7808円で購入。
普通鍋と圧力鍋の中間に位置する鍋として使っていく予定。
圧力鍋、怖いし場所取るし、又、冷まし時間入れると一人分なら
調理時間が変わらないようなんで。某HPより学習。

14、09年2月2日に南部鉄鍋、家庭用を楽天で買いました。
4603円送料込。
ダッチオーブンにあこがれてたんですが重すぎ、普通の台所で使うには
勝手が悪いんで、いろいろ調べてお手軽なクックトップとしました。
これでも機能は十分ダッチオーブンですわ。
クックトップ 丸深型 中 20cm
内径19.8×深8.7cm ¥5,250(税込金額)

15、09年2月12日に我慢しきれずに小さいダッチオーブンを購入、
台所コンロサイズで直径20cmです。一人用なら20cmで十分。
重さは南部鉄鍋とそんなに変わらない、2.7Kg。
名称、キャプテンクック、カタカナ名だが、生産国は中国。
販売は、パール金属(株)新潟の会社で低価格のアウトドア商品を
作っている。
定価が4800円、楽天で送料込み、2281円。

16、プロ用片手アルミ鍋、21cm、ヤフオクで購入。
フライパンとしてメインで使う予定。代金500円込みで1508円。
定価は6800円だったそうです。09年4月15日。

17、プロ用両手アルミ鍋、22cm、ヤフオクで購入。
両手プロ用は無いし、魚が入る22cm大、蒸らし後そのまま皿にも
なる等で安かったんで衝動買いしました、2009年4月24日。
500円+送料580円+手数料158円=1238円。
定価は多分、6千円前後すると思います。

18、ヤフオクで中華鍋を買いました。2009年6月1日
赤坂璃宮の中華鍋で30cm、送料込みで1400円。
定価は多分3~4千円だと思います。
蒸し料理が続き、間口30cmが欲しかったんですわ。
それとブランド名も、炒め、蒸しなどにハードに使えそうですわ。

19、以前から気になってた100円スキレット(フライパン)を
買いました、2009年7月31日。
現在は値上がりして210円。(ヤフオクだと更に2~3倍)
(210円で旨さバランスを考えると超格安と思います)
蓋代わりに使うんで同じ物を2枚購入。
(内径約14cm、H約3cm)
ちょこっと炒めなり、ちょこっと焼きに重宝すると思います。

20、多重層フライパン(ステン)+蓋、を捨てる所を
貰って来ました。アムウェイ鍋そっくり。2009年9月。
これが高いだけあって使い勝手がいい。(定価予想2万円?)
焼き物、炒め、炊き込み、何でも使えます。
底が多重層で蓄熱がよく、鉄鍋に近い効果を生み出しました。
蓋は密閉度が高過ぎでドリルで2箇所穴を開けて使ってます。