コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

ビールのつまみ、ぎんなん、 白菜焼き+具 ぎんなんは、レンジで料理出来る

ビールのつまみ、ぎんなん、 白菜焼き+具
2009年11月16日 | 日々の自炊メニュー

スーパーで銀杏を発見、一袋200円。
売り場の人に食べ方を聞く。
フライパンで、塩を振って炒る方法とレンジでチンの方法を聞く。
今回は晩酌中のつまみなんでレンジを使いました。

500Wで50秒、紙袋(使用済み封筒でOK)に塩とぎんなん15個ほど入れ折って蓋をし、チンする。
途中で5~6回弾ける音がしたら出来上がり。
紙袋を振れば塩が割れた所に付くのでいいあんばいになる。
袋は銀行のお札入れを使用し、しっかり封をしてレンジへ。
割れない銀杏は紙で挟んで硬い物で軽く叩くとすぐ割れます。
久しぶりのぎんなんで旨かったわー。

★TVで見た白菜焼き(水分が飛んで甘みが凝縮、うまみ味)

●フライパンを熱し、油を引き、縦切り(スイカ状)白菜を入れる。
両面焼き、4~5分で焦げ目が付き、塩を軽くふる。
皿に盛り、そのままでもOK、他の具材を炒めて、乗せるのもOK。

●白菜を一枚ずつばらして、干す。
その他、干し野菜は水分が飛んで、旨み、甘みが増す。
調理時間も短縮出来る。

f:id:nekoponx:20200326060658j:plain