コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

昨日の3食、 鉄鍋と多重層フライパン比較

昨日の3食、 鉄鍋と多重層フライパン比較
2009年09月30日 | 日々の自炊メニュー

朝メシ、多重層パンで、サバの天日干し焼きとチンご飯。
煙が出るんでバルコニーで焼きました。
バター1片をフライパンに落とし、サバを皮の方を下にして
アルミ蓋をして5分、裏返してまた3分、蒸らし3分、出来上がり。
油が乗ってて旨かったわ。

昼メシ、
朝ままフライパンに残りのサバを入れ、周辺には大根を刻んで投入。
卵1を置いて蓋をして5分焼く、その後サバを裏返し3分、
蒸らし5分、チンご飯で頂きました。
ほぼ朝と同じおかず。

晩メシ、
洗わずそのままフライパンに底から、大根、にんじん、ピーマン、
ウインナー、うどん玉1、水5cc~を投入。
フライパンによる初の蒸しうどんです。
タレは、ゴマだれ1、味ポン1、計30ccで頂きました。
まー、毎度の美味しさでした。
調理時間、中弱火で15分、蒸らし6分、コゲ・ひっつきなし

●多重層フライパンで蒸しうどん、鉄鍋との違い。
調理時間、蒸らし時間がそれぞれ5分短くてOK。
炎と、具材の様子を見ながら中弱火で15分、蒸らし6分、で
食べてみたが、問題なし。
すぐに蓄熱するので、焦げる前に水を10cc追加した。
蒸しはまだ1度だが、味は鉄鍋とそんなに変わらないと感じた。
掃除も暖かい内にテイッシュで軽くひと拭きでOKでした。
保温性は鉄鍋より悪いが、数分で食べ終わるので問題なし。

まだしばらく実験していきます。

 

★参考、多層フライパンとは、ステンレスとアルミニウムを何層にも重ねて、熱伝導を良くして作った物。通常のフライパンと大きさ比で重いのが特徴。
多層にすると、熱しやすく冷めにくい、蓄熱性もあるフライパンになるそうです。

 

f:id:nekoponx:20200325054424j:plain