コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

うなぎのタレの作り方 それを使った 牛丼の作り方

うなぎのタレの作り方 それを使った 牛丼の作り方
2009年06月30日 | 調味料の事、レシピ他
うなぎのタレの作り方(調味料としても) 牛丼の作り方

蒲焼のタレ作り方、ベストアンサーに選ばれた
材料
濃い口醤油: 350cc
みりん:300cc
さとう:250g
酒:100cc
手に入れば、鰻の頭や骨適量

1)、みりんと酒を混ぜ合わせ強火で沸騰させる:
煮切ることによってアルコール分を飛ばしましょう
※アルコールの引火にご注意を
※頭や骨はよく焼きこんで、ここで入れておきます

2)、1)に砂糖を溶かし込みます
3)、2)に濃い口醤油を混ぜて再度沸騰させる
4)、極弱火で15分~20分煮詰める
※時間を長くすると濃厚になる

5)、あくを取り除き、ろ過して、出来るだけ素早く冷却する
参考 http://unagiya.com/tarenotukurikata.html

●もっと簡単に、しかも自分秘伝の味を作る方法
※醤油とみりんを同量、
これだけでも、立派なたれ、実はこれが基本
甘味が足りなければ、加熱しながら酒と砂糖を
少しずつ加えて丁度いいところでとめれば、
自分秘伝のたれができちゃいます。

忘れてはいけないことは、あらかじめ材料の重さを量っておいて
最後に各材料の重さを再度量って、どれだけ使ったか
書いておき、自分秘伝のたれのレシピを作っておきましょう。

そうすれば、孫子の代まで美味しいうなぎ丼が食べられます。
家庭では、毎日うなぎを焼くことはありません?無いと思います
専門店は冷蔵庫に入れませんが、それは毎日使いつづけているから、
自分秘伝のたれは冷蔵庫で保管しておきましょう。


●うなぎのタレを使った簡単、牛丼 2人前

1、フライパンにサラダ油を引く、
2、牛肉150g~を入れ軽く炒める、
3、直ぐに玉ネギ半玉を入れる、
4、うなぎのタレ大2ほどを入れ全体を炒める。
5、ご飯の上に盛る、完成。