コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

海外旅行保険の話 持病があっても入れるAIGがお勧め、と知ったので  海外生活

2019年8月~  約1月間、ミャンマーとタイに行くにあたり、海外旅行保険に入った。

8月からのミャンマー旅行用に保険(ネットからAIG海外旅行保険)に入った、予定は、タイ往復と、タイからミャンマー往復、26日間で23000円ほど。

飛行機代(タイエアーアジア+成田ータイ往復の通路側座席指定込)が、約33000円+タイーミャンマー往復は11000円(片道5500円ほどです、1時間搭乗)。


保険はAIG保険、持病があっても入れる保険だが、持病部分は300万迄しかカバーしない、けど無いよりまし。今までは持病があるけど無しとして保険に入っていたけど、すぐにバレる、らしいのでやめた。過去の保険証利用履歴提出ですぐ判るそうだ。

ネットで申し込みだと31日間まで、しかし、成田空港のAIGカウンターで聞いたら、対面申し込みだと半年間~でも1年でもOKだそうだ。やっぱり直接聞いてみるもんだわ(但し年齢制限あり、確か?70歳?~か75歳?かを超えると、どんな保険も入れないらしい)。アジアであれば大よそ1月間28000円位×月数。

それから、どの保険会社でも提携している指定病院は都市部にあるので、ど田舎やへき地に行って病気、けがをしても手厚いカバーは難しいそうだ。自力で都心部病院まで行ければいいけど、そういったリスクはある。ど田舎の病院で現地人並みの手当てだと、助かる人も助からない可能性はある。

★AIGは、持病がある人もない人も保険料が同じ。
AIGはメジャーな保険会社。世界最大手だけあって世界中に提携病院数があるのもメリットです。但し、現実は都市部だけです。タイならバンコク、チエンマイ、パタヤくらい。フィリピンはマニラ市内。事前に調べておいた方がいいです。

★この写真は私です、2018年9月頃、無保険の時。バンコク、カオサンの安宿で動けなくなった。強烈な腰痛、閉尿、2W間寝たきりだった。車椅子で帰国した。ホント痛みで死ぬかと思ったわ。

f:id:nekoponx:20200317040605j:plain