コム のブログ

気ままに自由に 自炊 遊び 海外国内旅行 PCど素人 健康 一人暮らし リタイア

豚肉は、おからと一緒に煮ると余分な油・臭みが取れる、それから揚げると角煮状態になる

豚肉は、おからと一緒に煮ると余分な油・臭みが取れる、それから揚げると角煮状態になる
2008年12月31日 | ◎レシピ集、記録用
★キャベツの硬い所は、肉叩きで軽く砕いてから煮ると、うまい。

★ピクルスも同じように、クッキングシートに挟んで肉たたきで叩くと、いい食感になる。

★にんじんなど根菜類は、レンチンしてから普通に煮ると、ヤワヤワになる。
煮時間の短縮、ワープする事になる。

★ポテトサラダに、塩昆布を入れると味が出る。

★おからと豚肉を一緒に煮て、とんかつを揚げる、そうるすと角煮のように
トロトロとんかつになる。
余分な油を、おからが吸ってくれる。

一般的な煮物、
こつ 豚の角煮は、おからでゆでて脂抜き

豚の角煮をする場合、まず、箸で切れるほど柔らかくする必要があります。
肉の大きさにもよりますが、2~3時間ゆでます。
このとき、鍋の中におからを入れて下さい。
おからと一緒にゆでることで、豚肉の臭みと余分な脂分が抜けます。
昔から、真新しい漆器の臭いを取るときに、おからを詰めてしばらくおけばよいといいます。
この場合、おからがにおいを吸収するのです。
ゆで上がった豚肉は、流水にさらし、おからをきれいに洗い流して下さい。
しょうがの薄切りを入れてゆでるとより効果的です。